【最新刊】アラザル VOL.13「特集 政治」(税込み版)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

【最新刊】アラザル VOL.13「特集 政治」(税込み版)

¥110 税込

送料についてはこちら

 なぜ批評家や批評系ミニコミはもっと政治について書かないのか?  安倍政権から菅政権へと引き継がれた〝言葉の抑圧〟に対する『アラザル』からのアンサーとして、「政治」特集をお送りします。ギリシャから福島まで、または江戸から現代アメリカまで、多様な視点から論じた16本の原稿を収録しています。 [目次] 《巻頭言》 《未来よ、未来!》畑中宇惟 《諦めたらあかん》坂道干 《政治の街》高内祐志 《シチュエーションAVをみて、あとからの合意に期待する人へ。》安倉儀たたた 《やはり僕のこの文章はまちがっている。》甘味大福 《ギリシャ現代史の一断面》三上良太 《岩波文庫の『中野重治詩集』は、》西田博至 《王国はいつも王様の入って行けないところにある――不可能な政治についての試論》杉森大輔 《今年の「政治」と「障害」と「劇映画」について》堤拓哉 《恥ずかしさの行方》安東三 《表徴の菅》西中賢治 《夜明けの前で》堤雄一 《A will − わたしから「いま」を生きるあなたへの遺言およびその翻訳プロセスにおけるエモーションの強度についてのトライアル》近藤久志 《窓辺のアインシュタイン》諸根陽介 《一歳八か月二十日の娘と親の日常や未来》山本浩生 《漫才・望月記者》DJ_やめました a.k.a. 山下望 【企画】日本国マスコットキャラクター原案 【企画】いきなり!Beef 2020年12月1日発行 四六判/モノクロ80P 定価100円(消費税は購読者が任意で支払うこととする) ※この商品は『アラザル VOL.13「特集 政治」』の「税込み版」です。ご自身の考えに基づいて消費税を支払いたい方はこちらをご購入下さい。消費税を支払わない方は別ページの「税抜き版」をご購入下さい。